ホーム制作体制と強み

制作体制と強み

パナシアは、社内スタッフ(コーディネータ、メディカルライター、アシスタント)と、実績豊富な外部委託先の担当者(フリーランスのメディカルライター、医薬専門の翻訳者、QCチェッカー)がそれぞれの専門性を活かしながら分担・連携することで、高品質の文書を効率よく作成します。
また、数カ月にわたるCSRやCTDの作成をプロジェクトとしてコーディネータが管理することで、データベースロックの遅れなど予定変更にフレキシブルに対応するとともに、外注時のお客様の負担を軽減し本来の業務に注力していただけるよう、各種ツールを活用して作成準備から完成までサポートします。

  • パナシア独自の制作体制

    パナシア独自の制作体制

    メディカルライティング専門のコーディネータの管理・調整のもと、社内と外部委託先の作成担当者がそれぞれの専門性を活かしながら分担・連携することで、高品質の文書を効率よく作成します。

  • フレキシブルな対応

    フレキシブルな対応

    臨床試験のデータベースロックや元資料となる海外試験のCSRの入手など、当初予定した進捗に前倒しや遅れが発生した場合でも、担当のコーディネータがお客様に状況を確認の上、作成工程や作成担当者の分担などを調整して、フレキシブルに対応します。

  • 制作をナビゲート

    制作をナビゲート

    工程設計時のチェックリスト、逐次提供される資料の保管リスト、確認事項を一元管理する問い合わせ表、お客様ごとにカスタマイズした文書作成マニュアルなどを活用して、外注時のお客様の負担を軽減するため、作成準備から完成までサポートします。